クーラーが無い場合の工夫の仕方

クーラーが無い場合の工夫の仕方

2011年3月11日の東日本大震災での福島原発の自己をきっかけに、原子力発電の安全性が問われるようになりました。そのため、原子力発電からの電力の供給が不足し、東京電力の管轄地域を中心に日本のたくさんの地域で電力不足が懸念されています。

このような現状を真摯に考え、夏場のクーラーの使用を控えようと考えている方もいらっしゃると思います。また、自宅にクーラーを設置されていないご家庭もたくさんあるのではないでしょうか。

自宅にクーラーがない場合、日差しが部屋に差し込み続けると室温が著しく上がってしまい、熱中症になる確率が高くなります。そこでこのカテゴリーでは、クーラーが無い、又は使わない場合に涼しく過ごすための方法をまとめてみました。

私達は、これまで培ってきた知恵を活用すれば、クーラー無しでも涼しく過ごすことが出来ると思います。以下にシチュエーション別の涼しく過ごす方法を掲載していますので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

 住まいの工夫
 ファッションの工夫
 寝るときの工夫

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク


クーラーが無い場合の工夫の仕方エントリー一覧

住まいの工夫│熱中症の症状と対策・予防方法

 シーリングファンや扇風機を活用するシーリングファンは、天状に取り付ける大きな扇風機のような機器です。シーリングファンを回すと部屋の空気が対流を起こし、熱い空気を外に追いやってくれます。シーリングファンを取り付けるのが大変な場合は、サーキュレーターや扇風機を上方45度ぐらいに向けて使用すると、部屋に...

続きを読む

ファッションの工夫│熱中症の症状と対策・予防方法

 夏用の下着を着る「下着は1年中ずっと同じものを着ている」という方におすすめなのが、暑い夏の日は「夏用の下着(肌着)」を着用することです。最近は量販店でも機能性の高い下着が販売されています。このような下着は汗をよく吸い取るだけでなく、乾きやすいです。これは汗でアウターの服が肌にくっつくことを防いで空...

続きを読む

寝るときの工夫│熱中症の症状と対策・予防方法

夏場、夜寝ているときは意外と多くの汗をかいています。寝つきを良くするためにも、涼しくする工夫があれば、ぜひ取り入れていきたいですね。以下に寝るときに工夫できることについてまとめております。 布団を選ぶ直接肌に触れる寝具を選ぶ時に考えたいのが、通気性、吸湿性、肌ざわりですね。この3点を考えると、一番お...

続きを読む