衣服の素材や色も大切

衣服の素材や色も大切

熱中症を予防するためには、衣服の素材や色も考慮する必要があります。大切なのは、熱や水分をいかに素早く吸収し、そして発散できるかです。

熱や水分の流動については、着衣を構成している素材やデザイン、そして形と着方が大きく影響しています。

ユニクロなどでは熱や水分移動の面から快適な布素材が開発されていますが、ポリエステルなどの合繊は、速乾性や吸水性に優れているとして注目を集めています。

衣服の着方としては、肌にピタっとくっつくようなタイトな着方と、ある程度肌とウェアの間に隙間を空けたルーズな着方に分けることができます。

気流、湿度、日射などの環境条件によって効果も変わってくるため、一概にどちらが良いかを断定することはできません。ただ、タイトな着方をしたい場合は、吸水性・速乾性に優れた素材を利用している衣服が効果的です。(ただし、体に密着してしまうため、息苦しさを感じることはありませす。)

これとは逆にルーズに衣服を着用すれば、衣服内で大気が流れ、清涼感を感じることができます。こう考えると、速乾性や吸水性に優れた、少しルーズな服装を心がけるのが、熱中症対策にはベストだと言えるかもしれません。

衣服の色については、白色系のものがおすすめです。白色系の衣服と黒色系の衣服とでは、熱の吸収率が著しく違ってきます。熱吸収率は黒色が最も高く、白色が最も低くなります。熱中症の予防のためには、白色系の衣服やスポーツウェアを選ぶようにしましょう。

また、屋外では頭部に日光を浴びることによって、頭部の温度が著しく高くなる恐れがあります。このため、帽子の着用が必要になります。

なお、野球やアメリカンフットボールなどのユニフォームが固定しているスポーツは、熱の放散が難しくなります。暑い日は軽装で練習を行うなどの臨機応変な対応が望まれます。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク