夏バテに負けないための日常生活の知恵

夏バテに負けないための日常生活の知恵

夏バテに負けないためには食事の栄養バランスを良くすることも大切ですが、日常生活においても夏バテ対策になるポイントがたくさんあります。

今回は、そんな夏バテ対策になる日常生活の知恵袋をまとめてみました。

 室温だけでなく、湿度もチェックする

夏の暑さによって奪われた体力を取り戻すためには、良質な睡眠が欠かせません。そのためには、寝室の環境をしっかり整えましょう。

夏はクーラーを使って寝室の温度を下げるだけでなく、湿度もチェックしておきましょう。もし湿度が高い場合は除湿を行い、快適な睡眠環境にしておきましょう。

 抱き枕を活用する

体温を下げるのに有効なのが、足の付け根や脇の下を冷やすことです。これらの部分は血管が皮膚の近くを通っているため、この部分を冷やすと体温が下がりやすくなります。

抱き枕を使うと自然に脇の下が空くので、外界の空気にさらされて体温が下がりやすくなります。これにより寝つきが良くなり、毎日の疲れも回復しやすくなるのですね。

 就寝の2時間前にお風呂に入る

人は睡眠時に体温が下がり、目覚めと共に体温が上昇するという特徴があります。就寝の2時間前にお風呂に入っておけば、後は体温が下がるだけ。つまり、就寝に丁度良い体温にもっていけるわけです。

また、お風呂によって大量に汗をかくと思うので、就寝前にはしっかりとお水を飲んでおきましょう。夜寝ている間も、意外とたくさんの汗が出ています。

 夏ならではの服を着る


日本には甚平や浴衣などの伝統的な服がありますが、これらは夏を快適に過ごすための機能的な衣服でもあります。甚平は比較的見につけやすいので、部屋着やパジャマとしても活用したいですね。

 炭酸水(常温)を飲む

炭酸水には、血流を良くする効能があります。これによって栄養素(エネルギー)が全身に運ばれやすくなります。ただし、キンキンに冷えた炭酸水の場合は胃が収縮してしまい、逆に血流が悪くなる恐れがあります。注意しましょう。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク