夏バテの種類・タイプについて

夏バテの原因は1つじゃない!夏バテの種類・タイプについて

夏バテの種類を説明する医師

梅雨が明けて夏本番!と思いきや、どうも体調が優れない。疲れがなかなか取れなかったり、食欲が不思議と無くなってしまったりなど、夏バテの症状に陥ってしまう場合もあると思います。

夏に注意しなければならないのは、熱中症や日射病だけではありません。夏バテは一度なってしまうと、回復させるのが大変です。このため、予防するのが何よりも大切なんです。

そして、夏に起こる様々な体調不良な”夏バテ”という言葉1つで片付けられてしまいがちですが、原因や環境によって夏バテにもいくつかの種類があります。その種類がわかれば、原因究明や対策、ケアにもすごく役立ちます。

そこで今回は、夏バテの種類について見ていきましょう!

 タイプ1:連日の暑さにより体力が奪われる夏バテ

これは昔から言われる、一般的な夏バテです。高温状態が続くと体力が奪われ、胃腸の働きも弱くなってきます。

昔と比べて夏は高温になる傾向にあり、現代人はなかなか汗をかけない人も増えています。炎天下で仕事をされている方はもちろんのこと、エアコンが効いている部屋で仕事をされている方でも、高温状態にさらされることによって夏バテになる人もいます。

 タイプ2:厳しい運動による夏バテ

運動をすると熱エネルギーが生まれ、体温が上がります。これによって脳の温度も上昇し、発汗などの影響も受けて脳が疲労感を感じるようになります。脳の疲労感を取るためには良質な睡眠が必要ですが、暑くて寝苦しい夜が続くと、脳がきちんと回復できません。これにより、夏バテに発展する恐れがあります。

夏に激しい運動を行う場合は小まめに水分を取り、長時間の連続した運動は避けて、適度に涼しい場所で休憩することも重要です。

 タイプ3:胃腸の消化機能が衰える夏バテ

夏はアイスや冷たい飲み物を摂取する機会が増え、只でさえ栄養バランスが乱れがちになります。さらに、外食が続いて高カロリー高脂質なものばかり食べてしまうと、肝臓にも大きな負担が。

また、汗をかくことによって血液が皮膚に溜まってしまい、胃腸への血液の巡りが悪くなる場合があります。これによって食欲が衰え、十分なエネルギー補給が出来ないことで、夏バテを招く危険性が出てきます。


 タイプ4:自律神経の働きが低下することで起きる夏バテ

自宅や会社などでエアコンをガンガン付けておくと、真夏は室温と外気温の温度差が大きくなります。これによって自律神経の働きが低下し、夏バテになるケースがあります。自律神経は体だけでなく心にも悪影響を与えるので、要注意です。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク