夏バテを予防するための食生活のポイント

夏バテを予防するための食生活のポイント

夏野菜のイラスト

夏は冷たいものをたくさん摂取してしまうので、胃腸の働きが弱くなりがちです。これによって十分な栄養補給ができずに、夏バテの陥るケースもあります。

だからこそ、毎日の食生活での栄養バランスを整えること、そして夏バテ対策に効果的な食材を食べることが大切です。

このページでは、夏バテを予防するための食生活のポイントをまとめてみました。

 タンパク質も積極的に摂取する

夏はそうめんや冷麦など、さっぱりとしたものばかり食べがちになります。これだけだと糖質ばかり摂取していることになり、明らかに栄養不足です。このため体作りの材料となるタンパク質も、積極的に食べるようにしましょう。

手軽に摂取できる豚肉は、ビタミンB1も豊富に含んでいます。ビタミンB群は糖質をエネルギーに変換してくれる働きがあるので、かなりお薦めです。また、うなぎもビタミンB群が豊富です。土用の丑の日には、しっかりとうなぎを食べるようにしたいですね。

 日本食の食べ合わせを活用する

代表的な日本食と言えば、てんぷらや刺身、とんかつなどがあります。そしてこれらのお料理には、必ずと言って良いほど食べ合わせの食材が存在しますね。

刺身であればワサビやしょうが、天ぷらの場合は大根おろし、トンカツはキャベツなど、定番メニューには「食べ合わせ」の食材が存在しています。

これは美味しさの面でも効果がありますが、栄養価の面でも非常に良く考えられているものです。まず大根おろしは消化酵素が豊富なので、油っぽい天ぷらの消化吸収を助けてくれます。

ワサビには殺菌効果があるので、刺身などの生ものと一緒に食べることで、食中毒などを予防してくれます。キャベツはビタミンUが豊富であり、胃の粘膜を保護する働きがあります。これはトンカツのような重いものを食べる時に役立ちますね。

 香味野菜やスパイスで汗をかく

ニンニクやネギ、ニラなどの香味野菜は、体内に溜まってしまった熱を発散させる効能があります。また、カレーなどのスパイスが入ったものを食べると汗が出やすいですが、汗が出るのと同時に体は冷やされていきます。汗をかける適度なスパイス料理は、実は暑い夏に適しています。

 夏野菜や果物をしっかり食べる

夏野菜にはトマト、きゅうり、茄子、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草などがありますが、これらは体内の悪いものを解毒・排泄したり、体を冷やしたりする効能があります。夏にはぴったりの食材と言えるでしょう。果物もビタミン類が豊富なので、積極的に摂りたいですね。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク