高校野球の観戦中も熱中症に注意です!

高校野球の観戦中も熱中症に注意です!

2015年7月21日の火曜日。高校野球の県予選が全国各地で開催されている中、東京の神宮球場にて、高校野球の観戦中に熱中症と見られる症状で3人の男女が病院に搬送されました。

東京消防庁によると1人は60代の男性であり、心配停止の状態に。残りの2人は10代の男女で、熱中症の症状が出ているものの意識ははっきりしているそうです。

この日の午後1時の東京都心の気温は32.6度でしたが、南からの湿った暖かい空気の影響で湿度が高くなりました。このため体感温度はかなり高くなっていたと思われます。

高校野球シーズンはこれからが本番なので、観戦を予定されている方は十分に対策をして出かけることが大切です。もし炎天下で少しでも気分が悪くなった場合には、日陰の比較的涼しい所に移動するか、近くの飲食店など、クーラーのきいた屋内で休憩するようにしましょう。

また、この日は午後3時までの時点で、東京都内では男女72人が医療機関に救急搬送されています。その中で70〜80代は全体の4割以上に上っており、高齢者の割合がいかに高いかがわかります。

なお、2015年7月11日(日)〜17日(土)の7日間の間では、男女5人が熱中症の疑いで亡くなっています。そのうち5人が、なんと屋内で亡くなっているそうです。

屋内でも熱中症になる可能性は十分に考えられるので、無理をせずにクーラーを積極的に使用しましょう!

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク


高校野球の観戦中も熱中症に注意です!関連ページ

熱中症による搬送が前週の2.3倍に(2014.7.15)
キッチンでの熱中症にも注意!(2014.7.22)
真夏日が今年最多の532地点に!
金スマの「間違いだらけの熱中症」の内容
猛暑日が続いた2014年7月最終の週末
救急医学会における、熱中症の重症度の分類について
北海道でも今年初の猛暑日を記録
新潟で38.5℃を記録!猛暑日は全国122地点
広島(プロ野球)の選手が熱中症で欠場
気象庁が「異常天候早期警戒情報」を発表!
幕張メッセのイベント会場で熱中症患者が続出(2015.8.2)
1週間の熱中症搬送者数が過去最多を記録
2015年5〜9月の熱中症搬送者数は5.5万人
2016年8月6日(土)は、113地点で猛暑日を記録。
2016年8月9日は山梨で39.2℃を記録。猛暑日は189地点!
2017年6月16日、体育祭(中学校)で18人が熱中症に
2017年7月8日、熱中症で525人が搬送。高校野球の開会式でも22人が熱中症に。
2017年7月、車内での熱中症事故が相次いで発生
岐阜市のハーフマラソンで20人が熱中症で搬送
5月なのに季節外れの暑さ!188地点で真夏日を観測
猛暑の3連休。熱中症で約5600人が搬送、14人が亡くなる(2018年7月14〜16日)
岐阜県多治見市で40.7度を記録!宮城では熱中症の疑いで小学生38人が搬送(2018年7月18日)
熊谷市で41.1度!観測史上最高の気温を記録(2018年7月23日)