2016年8月9日は山梨で39.2℃を記録。猛暑日は189地点!

2016年8月9日は山梨で39.2℃を記録。猛暑日は189地点!

台風5号が日本の北東へ抜けた2016年8月9日(火)は、東日本・西日本の太平洋側を中心にかなり厳しい暑さとなりました。

猛暑日(35℃)を記録したのは、今年最多の189地点。山梨では39.2℃のを記録しています。

9日の15時半までの各地の最高気温は、以下の通りです。

・山梨県南巨摩郡身延町 39.2℃

・山梨県南巨摩郡南部町 38.9℃

・千葉県茂原市 38.7℃

・千葉県市原市、山梨県甲府市 38.5℃

・岐阜県多治見市、静岡県浜松市 38.3℃

その他、東京都青梅市では38.1℃、八王子市と府中市では38℃を記録しています。これらの地点を見ると、関東地方の中でも太平洋に近い地域で気温が上がっていることが解かります。台風一過により、南から暖かい風が流れ込んできた影響が大きいのかもしれません。

ちなみに山梨県南巨摩郡身延町の39.2℃という気温は、統計データがある1977年以降で最も高いそうです。東京都心でも37.7℃まで上昇し、この夏一番の暑さとなりました。

また日本テレビ系列(NNN)の調べによると、午後5時までに全国で少なくても402人の方々が熱中症の疑いで救急搬送されています。その中で重症患者は8人いるとのことでした。

8月6日./20160806.htmlの土曜日は889人の方が搬送されており、9日は平日ということもあって患者数が少なくなっていると考えられます。

なお8月13日の土曜日頃から1週間程度も、暑い日が続くそうです。丁度お盆休みに重なるので、熱中症や体調管理には十分に気をつけたいですね。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク