熱中症の応急措置の流れ

熱中症の応急措置の流れ

熱中症が疑われる場合は、まずは当事者をエアコンの効いた部屋に移動したり、風通しの良い日陰に移動します。
意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう。

意識がある場合は衣服を緩めて水分と塩分を補給します。(スポーツドリンクがあるとベストです。)頭痛や吐き気を伴っている場合は、氷で体を冷やしましょう。

以下に熱中症の応急措置の流れをまとめましたので、いざという時にご参考にして頂ければ幸いです。

熱中症の応急措置の流れ

1.意識の有無を確認。
万が一意識が無い場合はすぐに救急車を呼びましょう。また、意識があっても言動がおかしかったり、真っ直ぐに歩けないなどの意識障害を併発している場合もあります。この時も迷わず救急車を呼びましょう。そして直ぐに、涼しい場所に移動し、体を冷やす、水分を補給させるなどの応急措置に入ります。応急措置が遅れると全身の臓器に障害が生じる可能性があるので、一刻も早く処置しましょう。

2.当事者を涼しい場所に移動する。
屋外にいた場合は、日陰で風通しや良い場所へ。屋内の場合はエアコンの効いた涼しい場所に当事者を移動します。移動が難しい場合は日傘やバスタオルを使って、直接日光が当たらないようにしましょう。

3.衣服を緩め、体を冷やす
二次障害(臓器の障害)になるのを防ぐために、衣服を緩めて、氷のうなどで体の各部を冷やします。冷やす場所は首、脇の下、足の付け根、おでこなど、太い動脈・静脈が通っている部分です。

4.水分と塩分を補給する
意識がある場合は、塩分と水分を同時に摂取できるスポーツドリンクを飲ませます。また、意識があいまいな場合は、無理に飲ませると逆に危険なので、救急車の到着を待ちましょう。

5.容態が落ち着いたら、自家用車などで病院へ移動し、治療を受ける
症状が落ち着いてきたら、自家用車やタクシーを使って、最寄の病院で診察を受けましょう。
その時、車内は十分に冷房を効かせるようにしましょう。


 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク