成人男女の熱中症予防と対策

成人男女の熱中症予防と対策

成人の場合、熱中症になる人の割合は低いですが、仕事内容によっては熱中症になる危険性が高まります。
屋外で働く場合は、通気性と速乾性に優れている洋服や作業着を選ぶこと、そして定期的に木陰で休んで水分補給を行うことが大切です。
屋内で働く場合でも、熱を持つ事務機器に囲まれていると、熱中症になる可能性があります。このため部屋の風通しを良くし、エアコンを小まめに調節するようにしましょう。

成人の熱中症予防のポイント

 屋外作業の時は、休憩の頻度を多くする
建設業や林業などは、炎天下の屋外で働くケースが多いです。しかも、防護する意味で、作業服が厚めであったり、ヘルメットの着用が義務付けられている場合もあります。このため、休憩の頻度は1時間に1回にするなど、頻繁に休んで水分補給を行うようにしましょう。また、職場の同僚でふらふらしていたり、体調が悪そうな人がいないか、お互いにチェックするようにしましょう。

 暑さのピーク時の外出を避ける
暑さが一番厳しくなる時間帯は、正午〜15時ぐらいまでの間です。この時間帯は、オフィスで事務仕事に専念したり、家の中の仕事を行うなどして、出来るだけ外出を避けるのも1つの予防策です。家の中にいるときでも、部屋に熱がこもらないように、窓を開けて換気をしたり、エアコンの温度を調節するようにしましょう。

 屋内では、風通しのよい配置にする
室内でも熱中症が発生する可能性はあります。部屋は風通しが良くなるようにデスクや事務機の配置を整えましょう。また、窓が全く無い部屋では、扇風機やサーキュレーターを活用して、空気が循環するようにしましょう。エアコンは、28℃ぐらいに設定するのがベストです。(節電の意味でも。。)

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク