熱中症の症状

熱中症の症状

熱中症はその症状の内容から熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つの症状に分けることができます。

 熱射病
高温・多湿な状態で脱水症状が起こると、今度は脳の温度が上昇し、体温の調節機能にも異常をきたします。すると汗が止まって体温が40℃ぐらいにまで達し、皮膚は赤く乾燥してきます。吐き気や頭痛などの症状のほか、症状が酷いと昏睡状態になることもあります。

 熱疲労
熱疲労は大量に汗をかくことで脱水症状が起こり、全身の血液量が減少して全身の倦怠感や吐き気、嘔吐などが発生します。適切に処置しておかないと、症状が熱射病に進行してしまいます。

 熱失神
高温・多湿の場所にいると、体は体温を下げようとして大量に汗をかきます。また、体温を下げるために、体の表面の毛細血管が拡張して血液が体表に集中します。このことが原因で脳への血流が減少し、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などの症状が出てきます。

 熱けいれん
大量の汗をかくと、体内の水分とナトリウムなどのミネラル分が失われていきます。このときに水分だけを摂取すると、血液中のナトリウム濃度が低下して筋肉の収縮を誘発します。これが、手足のけいれんや筋肉の硬直などにつながります。

なお、これらの4つの症状は、重症度に応じて分類T度〜V度に分けられています。
T度からV度へと上がるにつれて、症状は重いものとなります。

分類T度 熱失神・熱けいれん

めまいや立ちくらみ、失神、筋肉の痙攣、硬直などの症状

分類U度 熱疲労

脱水症状による頭痛、吐き気、嘔吐、全身の倦怠感などの症状

分類V度 熱射病

意識障害、ひきつけ


分類T度の症状が出てきたら、直ちに風通しの良い涼しい場所で休み、同時に水分補給を行うようにして、症状が悪化しないように気をつけましょう。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク