熱中症と体温調節の仕組み

熱中症と体温調節の仕組み

人間は運動したり、ご飯を食べたりすることによって体内に熱を作り出して、活動することが出来ています。体温は気温の影響を受けることもありますが、内臓の温度は約37℃で一定に保たれているのが通常です。

この体温調節の司令塔となっているのは、脳の視床下部にある部分です。
気温や湿度が上がって体に熱が溜まってくると、視床下部が体温の上昇を感知して、余分な熱を体外に放出するために汗をかきます。

皮膚の表面温度が30度を超えたり、脳の温度が37度を超えると、人間は汗をかきやすくなります。汗が出て蒸発していくときには体の熱も奪っていくので、汗をかくことで体温を下げることができます。

また、熱を体外へ逃がすために、体表に近い毛細血管を拡げて血流を増やし、皮膚に熱を集めて外に熱を逃がすという仕組みもあります。

これとは逆に寒いときには、体表近くの毛細血管を収縮して汗がかかないようにし、熱を閉じ込めて体温を上げる役割もあります。

体温調節の機能が乱れる仕組み

体温よりも気温が高くなったり、炎天下の運動や作業などで多量に汗をかいている場合は、汗をかいても体温が下がりにくくなります。体温が下がらないのにも関わらず、脳は暑いと感じているために汗を出すよう指令を出し続けます。

そうすると、発汗量だけが増えてしまい、やがて体は脱水症状の状態に。血液中の水分(ナトリウムなどのミネラル分も含む)も減少していくために、体液のバランスが崩れ、やがて熱中症の症状が出てきます。

つまり、汗をかいても体温が下がらない状態が続いてしまうと、熱中症になるわけです。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク