体力が落ちている時は要注意

体力が落ちている時は要注意

熱中症になりやすい状況の1つに、「体力が落ちているとき」や「体調がわるいき」があります。

風邪を引いたり、お腹を壊したりして体調を崩しているときは、体の抵抗力が低下しています。そのため、体調が優れないときは、運動中だけでなく、風通しの悪い暑い部屋にいるだけでも熱中症が発生しやすくなるのです。

真夏日に体調を崩している時は、熱中症にならないための配慮が必要です。

体力が落ちている具体的な事例

 夏風邪、夏バテ

夏風邪は腹痛や下痢などの胃腸症状が伴うケースがありますし、夏バテは食欲不振や過労の症状が出てきます。このような時は体力が低下していますが、一度低下した体力は、症状が回復した後にすぐに戻るものではありません。治ったからと言ってすぐに無理をするのは禁物です。

自分の体力に自身がある人ほど、回復後にいきなりアクティブになりすぎて熱中症になるケースもあるので、十分に注意しましょう。

 下痢

下痢になると水のような便が出ます。このため暑い環境で大量の汗をかくと、脱水症状に陥りやすくなります。たかが下痢を考えずに、ゆっくり休むことが大切です。

 発熱

何かの病気によって既に発熱している場合は、熱中症になるリスクが高い状況にあります。暑い環境に身をおかない、そして風通しの良い部屋にいるなどして、熱中症にならない環境を作りましょう。

なお、上記のような病気の時は無理をしないことが禁物ですが、日頃から運動習慣がある人は熱中症になりにくいと言われています。その理由は、継続的な運動によって体力が増加しているためです。

さらに、様々なストレスに対する抵抗力や防衛体力も増加しています。このため、日頃から積極的に体を動かして体力を高めておくことも、熱中症の予防にはおおいに役立ちます。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク