典型的な夏バテが起きる理由

典型的な夏バテが起きる理由

暑い日が毎日のように続き、いつのまにか体力や気力が奪われていく夏バテ。「自分は大丈夫!」と思っていた方でも、知らず知らずのうちに気力が失われているケースも多いと思います。

そもそも、夏バテはどうして起きるのでしょうか。熱中症であれば原因は何となく解かるものですが、夏バテの原因は漠然としているケースが多く、意外と解かりづらいですよね。

そこで今回は、典型的な夏バテが起きる理由について、見ていきましょう。

 夏の気温の変化に体が付いていけないこと

まず第1の理由として考えられるのが、夏の暑さ慣れていないうちから高温多湿な状態が続き、体が付いていけないことです。

日本には春夏秋冬が続き、ジメジメした梅雨が終わったかと思えば今度は高温多湿な状態が続く真夏へと突入します。この時期は熱中症になる人も急に増えますが、夏バテの症状が出る人も非常に多いです。

現代人はクーラーの効いた部屋で過ごすことが多く、熱を放出してくれる「汗」をかけない人が増えています。また、冬から春にかけては厚着をするケースも多く、汗腺もあまり働いていません。

このため汗腺の機能が暑い夏についていけずに、汗によって熱を放出できず、体力を奪ってしまうのですね。

 大量の汗による塩分・ミネラル不足

一方、日頃から運動やスポーツを行っている方でも、夏に体を動かすと大量の汗をかきます。汗は水分だけではなく、塩分やミネラルも知らず知らずのうちに流失しているものです。

これによって体内の電解質のバランスが崩れてしまい、疲れやすくなったり、ひどい場合は低ナトリウム血症になる危険性があります。

スポーツ選手においても、夏の水分・塩分・ミネラル分の補給はしっかりと意識して行わなければなりません。

 寝苦しさが原因の睡眠不足

夏は寝苦しい夜も多く、夜中に何度か目覚めてしまったり、浅い眠りになってしまうことが多々あります。

クーラーでタイマー設定している場合、寝付けるまでと思って1時間ぐらいで切れる設定にされている方も多いと思います。しかし、1時間後にクーラーが切れた後は室温が上昇し、せっかく深い眠りに就こうとしている時に暑さで目覚めてしまう場合があります。

睡眠不足になれば、頭や体の疲れが取れずに、だるい状態が続く恐れが出てきます。

 冷たいものの食べ過ぎによる胃腸の機能低下

夏はアイスや冷たいジュース、ビール、各種スイーツなど、冷たいものを摂る場面が非常に多いです。一見すっきりできるような行為ですが、胃腸には想像以上に負担をかけています。

これにより胃腸の機能が低下してしまい、下痢や食欲不振などに繋がる恐れがあります。胃腸が弱ることは、栄養補給にも悪影響を及ぼします。これにより力が湧いてこずに、夏バテのような状態となります。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク