大切な運動時の水分補給

大切な運動時の水分補給

太陽の下で運動をしてる時は、汗をかくことが最も有効な熱放散手段となります。ただ。汗を出すことで体内の水分やナトリウム、カルシウムなどの電解質など、人間の生命活動に必要な物質も同時に失われていきます。

失ったものをそのまま放置しておくことは熱中症の発生原因になるため、発汗によって失われた水分や電解質は、なるべく早く補給することが大切ですね。

水分補給量は発汗量を目安にすれば良いので、体重を測って減少した量を発汗量として、その分を補給するのが理想的だと言えます。ただ、運動をしている時はそんなわけにはいきません。このため15分に1度など、水を飲むための休憩時間を予め決めておき、少し多めに思えるぐらいの水分補給タイムを作るようにしましょう。

また、大量に汗をかいているときは汗の塩分濃度が上昇します。このような多量の塩分が発汗で失われたときに水分を補給しないと、汗で失った分と同じ量の水が飲めなくなります。これは水だけを飲むと血液の塩分濃度低下してしまうので、これ以上濃度を下げないようにと、体が水受け付けなくなるためです。

さらに、体は血液の塩分濃度を保つために余分な水を尿として排泄してしまうため、さらに脱水が加速していきます。このような状況を防ぐためには、水分補給時に真水を飲むのではなく、スポーツドリンクや塩分が含まれているものを少し口にすることが大切です。

なお、スポーツ時に緑茶を飲んでいる方もいると思いますが、緑茶に含まれているカフェインには利尿作用があり、汗ではなく尿として水分が失われやすくなります。このため、熱中症予防のための飲料としては適していません。緑茶でもノンカフェインのものも発売されていますし、麦茶はカフェインが含まれていません。お茶を飲みたい場合がカフェインが入っているかどうかを注視するようにしましょう。

また、炭酸飲料は水やスポーツ飲料と比べて充足感が高く、摂取量が不足する恐れがあります。

真夏にスポーツ活動を行う場合の水分補給は、やはりスポーツドリンクが一番理想的だと言えるでしょう。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク