大量のわき汗を止める方法〜わき汗をかきやすい方へ〜

大量のわき汗を止める方法〜わき汗をかきやすい方へ〜

わき汗で悩む女性


ちょっと動いただけでも、大量に出てきてしまう脇汗。

夏は汗が染みて普通にしていても目立ってしまいますし、本当に困ってしまいますよね・・。


しかし、そんな厄介なわき汗を止める方法があるんです。医師の先生が話していたことなので、間違いはないと思います。

その方法とはズバリ、「2種類の制汗剤を使用すること」です。その手順は・・・

1.塗るタイプの制汗剤を、脇の下に塗る。

2.スプレータイプの制汗剤を、脇の下に噴射する。

3.しっかり乾かす。

乾かす時は、ドライヤーなどを使ってしっかりと乾かします。


塗るタイプの制汗剤としておすすめなのが、ノアンデです。




 ノアンデの公式サイトはこちら


汗を抑えるだけでなく、ワキガなどの嫌な臭いも抑える効果があります。大量の汗だけでなく臭いも気になるという方でも、きっと悩みを解決できると思います。

そもそも、人間はたくさん汗をかいても大丈夫?

大量に汗が出てしまう人の中には、「こんなに汗をかいても大丈夫なの?」と思っている人もいらっしゃると思います。

でも、基本的に汗をかくことは悪くありません。また太っている人の場合は熱がこもっているので、ある程度多く汗が出るのは仕方無いです。

ただし、暑くもないのに大量の汗をかいてしまう場合は、精神的なものが原因となっているかもしれません。

脇汗が多くでる人はナイーブで繊細な人だったり、極度に緊張しやすい人だったりします。時にはリラックスして、ゆったりとした心構えになることも大切です。

舞妓さんが付ける「高帯(汗止め帯)」で汗を止めることも可能!

芸者さんや舞妓さんは、着物の下に「高帯(汗止め帯)」という物を身に付けています。

この高帯によって、汗を止めることも可能です。

あるテレビ番組でも放送されていたのですが、高帯をつけた舞妓さんが着物を付けたままランニングマシーンで走っても、全く汗が出ていませんでした。

確かに芸者さんは踊ったりするイメージがありますが、あまり汗をかいていないように見えますよね。

高帯は胸の上から脇の下の方にかけて通る帯であり、汗が出るのをシャットアウトしてくれます。

しかし、真夏日にこんなことをしてしまうと体温調節ができずに熱中症になる可能性もあるので、要注意です。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク