熱中症を予防するための住まいのポイント

熱中症を予防するための住まいのポイント

熱中症は屋外だけでなく、室内で発症する人が増えています。

部屋の中は、環境によっては熱が溜まりやすく、高温・多湿な状態に
なります。
このため、もし日当たりの良い部屋の場合は、カーテンやすだれで日の光を遮断するだけでなく、窓を開けて熱がこもらないようしましょう。

窓は1ヶ所だけでなく、出来ればもう1ヶ所、もしくは入り口のドアを開けておくだけと、だいぶ風通しが良くなります。
また、風通しを家具が遮ったりしていないかもチェックします。どうしても風通しが良くならない部屋の場合は、扇風機やサーキュレーターを利用して、風の流れを作るようにしましょう。

エアコンの使い方

節電やエコという言葉を頻繁に耳にするようになった今では、クーラーを付けること事態、何か悪いことをするような気になってしまうかもしれません。

ただ、熱帯夜などにエアコンを我慢したために熱中症になってしまっては大変です。
クーラーを付けること自体は悪いことではなく、無謀にガンガン付けてしまうことが、健康的にもエコの面でも良くないのだと思います。
正しい使い方をしていれば、何も問題はありません。

クーラーは、室温が28℃になるように設定するのが良いでしょう。24℃以下になると皮膚の表面の血管が収縮し、体内の熱が拡散されにくくなりますので、注意しましょう。

また、クーラーと一緒に扇風機やサーキュレーターを併用すると、部屋の空気が循環しやすくなるので、おすすめです。

 

熱中症の症状と対策・予防方法 TOPページへ


スポンサードリンク



住まいのポイント〜熱中症を予防するために〜関連ページ

熱中症を予防するための服装のポイント
熱中症を予防するための食生活と水分補給